森の足湯とは

whatsashiyu-top
ashiyu-system
「森の足湯」は、灯油などの化石燃料ではなく、万博記念公園の間伐材を燃料にしてボイラーで湯を沸かしています。それは、社会で大きな問題となっている地球温暖化を防ぐことに大いに貢献しています。

木を燃やした時に出てくる二酸化炭素(CO2)は、木の葉に含まれる葉緑素によって、光合成され、木が成長する材料になり、木の内部に吸収されていきます。そのため、地球全体で考えると二酸化炭素(CO2)は増えていません。
このため、植物に由来する燃料(薪や炭)は地球上の二酸化炭素(CO2)を増やさないカーボンニュートラルと呼ばれています。

「森の足湯」は自然のエネルギーを利用した、とてもエコな施設です。

薪を燃やして湯と電気を作る実証実験はこちら